Top >  インテリア家具 >  桐箪笥

スポンサーサイト

いやしの芸術的インテリア雑貨・サンキャッチャー
窓辺に飾ると、太陽の光を受けてたくさんの小さな虹が広がるサンキャッチャー。スワロのクリスタル・天然石・ビーズを使ってキラキラと輝きます

家具インテリア『カグト』
「実際に見て買うより分かりやすい店」をモットーに詳細検索を可能にした家具通販サイト

モダン・インテリア
どんな部屋にでも合わせることができ、シンプルというさり気ない個性を放ちつつ、廃れることのない永遠の家具の定番、シンプル&モダン

桐箪笥

日本の純和風家屋はそれだけで「和風インテリア」だと以前、説明しました。
なんといっても日本家屋の畳や障子・襖といったものは湿度の高い日本の気候にとても適しているのです。

そして、家具においてもそれは同じで「和風テイスト」は発揮されています。
和風の食器棚のことを「水屋箪笥」とよばれていますが深い木の色合いと重厚感を感じさせる水屋箪笥は日本の伝統の重みを感じます。

西洋の家具は木を使っていながらも上から色を塗ってしまいますが和風家具は木が持っている木目の模様をそのままデザインとして使われているのが特徴でしょう。
自然のままの木の模様は、やわらかい和みの空間を演出してくれ、飽きるといった事もありません。

そしてたんすに「桐」が使われているのにも意味があります。
日本は湿度がとても高い国です。
とくに着物の保管には頭を痛めるものがありました。
というのも湿度が高ければ、害虫も増えますよね?
そういった害虫から着物を守るために害虫を寄せ付けない成分の含まれている桐をたんすに使ったそうです。
いろんな知恵が詰まっていますね。





スポンサーサイト

いやしの芸術的インテリア雑貨・サンキャッチャー
窓辺に飾ると、太陽の光を受けてたくさんの小さな虹が広がるサンキャッチャー。スワロのクリスタル・天然石・ビーズを使ってキラキラと輝きます

家具インテリア『カグト』
「実際に見て買うより分かりやすい店」をモットーに詳細検索を可能にした家具通販サイト

モダン・インテリア
どんな部屋にでも合わせることができ、シンプルというさり気ない個性を放ちつつ、廃れることのない永遠の家具の定番、シンプル&モダン

 <  前の記事 畳は和風インテリアの重要アイテム  |  トップページ  |  次の記事 インテリアコーディネーターとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/773

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インテリアデザインを考えてますか?:」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。