Top >  インテリアデザイン >  機能的な和風インテリア

スポンサーサイト

いやしの芸術的インテリア雑貨・サンキャッチャー
窓辺に飾ると、太陽の光を受けてたくさんの小さな虹が広がるサンキャッチャー。スワロのクリスタル・天然石・ビーズを使ってキラキラと輝きます

家具インテリア『カグト』
「実際に見て買うより分かりやすい店」をモットーに詳細検索を可能にした家具通販サイト

モダン・インテリア
どんな部屋にでも合わせることができ、シンプルというさり気ない個性を放ちつつ、廃れることのない永遠の家具の定番、シンプル&モダン

機能的な和風インテリア

日本古来の家屋について、いろいろと書いてきました。
障子や襖・引き戸といった点を考えて見れば昔の人の知恵はすごいですよね。
日本の家屋にとってとても良い環境になるように考えられたものばかりです。

そして障子のツールとは・・・間の仕切りとして使われていたとされる衝立や屏風だといわれています。
そう考えると日本人は部屋を確立させるという考えは少なかったようですね。

そして障子のもうひとつの利点として、閉めていても外の明かりが部屋の中に入ってくるといったところでしょうか。

そして日本の代表的なものといえば「畳」です。
畳はカーペットなどに比べてダニなのどの害虫の繁殖も少なくて湿気もたまらないので、日本の気候には最適なインテリアですね。

洋風のインテリアの普及でカーペットと言われるものが使われるようになって以来、ノミやダニといった害虫によるハウスダストのアレルギーが広がることを懸念されていました。
そして住宅も西洋化による気密性が高まったことがハウスダストの原因にもなったと言われているのです。

西洋のインテリアは悪いところばかりではありません。
日本の昔からの和風インテリアは火にとても弱いといった点があります。
なので、洋風と和風をうまく取り入れてよい点を引き出してあげることが重要だと考えられます。





スポンサーサイト

いやしの芸術的インテリア雑貨・サンキャッチャー
窓辺に飾ると、太陽の光を受けてたくさんの小さな虹が広がるサンキャッチャー。スワロのクリスタル・天然石・ビーズを使ってキラキラと輝きます

家具インテリア『カグト』
「実際に見て買うより分かりやすい店」をモットーに詳細検索を可能にした家具通販サイト

モダン・インテリア
どんな部屋にでも合わせることができ、シンプルというさり気ない個性を放ちつつ、廃れることのない永遠の家具の定番、シンプル&モダン

 <  前の記事 見直されている和風インテリア  |  トップページ  |  次の記事 トイレのインテリアはどうしてる?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/797

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インテリアデザインを考えてますか?:」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。